Rated Reads

Old Man’s War

by John Scalzi

Rated: DIRT

On his 75th birthday John Perry joins the Colonial Defense Forces (i.e., space army). The Colonial Defense Forces takes only retirees who have decades of experience, knowledge and skill and then uses a highly classified procedure to make them young again so they can go out and fight for humanity’s survival.

I was really excited by the beginning of this book. It looked really novel and intriguing. However, it soon became obvious that Scalzi relied much too heavily on profanity, violence and sex to sell this book rather than an interesting plot. After the first few chapters, Perry finishes his basic training and is sent out to the war zone. He arrives on (planet X) and is embroiled in a battle with (terrible alien Z) where he witnesses the horrific death of (fellow soldier B) and does something heroic. This sequence is repeated over and over until the last few chapters of the book. Near the end of the book he meets an incarnation of his dead wife and starts to get to know her. Then they get into another horrible battle together. The book ends before he can do much besides set a rendezvous for after they both retire from the service. The end.

I was put off by the rather disgusting level of descriptive violence and profanity and the lack of an interesting plot. I don’t intend to read any more of the books in this series. Not recommended.

Rated: DIRT: Extreme profanity, graphic violence and some sex.

— Reviewed by Niki Bissell

Niki is an Ohio mom raising four children. Though her first love is fantasy, she also reads biographies, YA fiction, science fiction, LOTS of children’s lit, and whatever her book club buddies have chosen to read this month.

11 Responses to Old Man’s War

  1. [url=http://www.bagkakaku.com/RAYBAN_sunglasses.html]1990年~1991年、フジテレビで深夜に放送されていた科学バラエティ番組。城ヶ崎祐子アナウンサーと松尾紀子アナウンサーが司会であったが、毎回変わる奇抜な衣装も話題であった。内容は、科学雑誌「ネイチャー」等から幾つかの話題をCGを交えつつ紹介するコーナー(クリッククラッシュ)と、特集として詳しく解説するコーナー(アルベルトガーデン)である。司会の二人と相対するキャラクターやセットを全てCGで作成するなど、実験性も高かった。後日、そのメンバーの殆どが「ウゴウゴルーガ」にも関わっている。[/url]

  2. [url=http://www.fujisanbrand.com/pack/vuitton/index_6.html]近年、がん予防に効果があることがわかり注目されている「βクリプトキサンチン」。これは、みかんに多く含まれるオレンジ色の色素の一種です。がん細胞の分裂や増殖を防ぐ効果が高く、発がん抑制に大きな効果が期待されています。この他、「βクリプトキサンチン」は、骨粗鬆症の予防や糖尿病の進行を抑制する効果もあります。[/url]

  3. [url=http://www.gginza.com/%E3%82%A2%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%88/item_2.html]タイトルを『スティーブズ』にしたように、ジョブズはもちろん、ウォズをきちんと描くということ、さらに言えばその2人の周りの人たちをきちんと描くということがテーマになっています。いろんな資料で知れば知るほど、ジョブズにかかわる全員がかっこいいんですよね。悪い人やダサい人はいなくって、たまにせこい人はいますけど(笑)、そこも人間味があっていいなと。アップルのストーリーを、ジョブズ1人だけでなく、いろんな角度から光を当てることができるというのが漫画で描く意義だと思っています。[/url]

  4. [url=http://www.brandiwc.com/brand-super-13-copy-0.html]木津ライブに参加し、大阪人たちのパフォーマンスを楽しみたい方は、木津市場の「朝市」に参加すること。毎月第2土曜日と最終土曜日の午前9:00から午後12:00まで開催しているイベントで、卸売市場ならではの新鮮素材を使ったグルメは絶品です。当日は安い食材を手に入れることができ、素人さんもセリに参加できる“セリ体験”のイベント(事前に予約が必要。木津市場のホームページからネットで受け付け)が大好評。[/url]

  5. [url=http://www.gowatchs.com/brand-141.html]経験がある方もいるかと思いますが、株式投資やFXで損失が膨らみ、負けが何回も続いたりすると普段は全くしないような乱暴な売買をする事があります。相場や自分の気持ちが落ち着いている時はリスク管理をし、損切り等をきちんと出来ていた方が、もうどうにでもなれ!という気持ちになって自分のリスク許容度を超えた大きな取引を行なってしまうのです。こういう時期に自暴自棄になると大変危険です。普段は間違ってもやらないFXで高レバレッジをかけた取引や、信用取引、先物・オプションなどといったハイリスクの売買をしてしまいがちです。大きな損失はリスクを高めた取引でしか取り戻せない!という考え方から来るのでしょうが、これは間違いです。そうなのです。下落相場とはまさに自分との闘い。勝負は冷静さを欠いたら負けなのです。[/url]

  • Old Man’s War
  • by John Scalzi
  • Rated: DIRT
  • Genre: Fiction
  • Reviewer: