Rated Reads

Look Me In the Eye: My Life with Asperger’s

by John Elder Robison

Rated: High

This is the story of John Elder Robison, who wasn’t diagnosed with Asperger’s until he was 40. Robison’s memoir details his childhood, his difficulty making friends, his alcoholic and abusive father, his mentally unstable mother, his little brother (the author Augusten Burroughs) and his own difficulty living a normal life when he didn’t know what was wrong with him.

Doing poorly in school, Robison is assigned the work of fixing broken audio-visual equipment and proves himself quite a genius in this field. When he eventually drops out of school to work on a band’s equipment, he finally finds a place where he fits in because being odd is the norm. These jobs lead him to crazy places with great stories, eventually working on the smoking/flaming rocket guitars for the band KISS or the early electronic games for Milton Bradley. He eventually gives up on the music world, followed by the corporate world and starts his own business fixing high-end cars. It is here that a therapist customer of his correctly diagnoses him with autism, more specifically, Asperger’s.

Robison is a wonderful storyteller and he has amazing stories to tell, but this is also a great insight into the mind of someone with Asperger’s. He’s a highly functioning adult now, but he can still identify what in his behavior is abnormal, and he can still remember the hardships of his childhood when all he wanted was to be able to make friends.

Rated: High, for use of strong language throughout and references to drugs and alcohol (although Robison himself avoided drugs for the most part).

— Reviewed by Nancy Minster

Nancy Minster is an avid reader, is married to an avid reader and is the mother to four little kids who seem to like books as well. One can only wonder where they get it from!

5 Responses to Look Me In the Eye: My Life with Asperger’s

  1. [url=http://www.bestevance.com/rolex/sky/index.htm]クロノグラフの完全な12時間を測定するbiコンパックスクロノグラフである。腕時計を持って秒針が動作していないことを意味します、あなたはすべての時間、クロノグラフ機能を持っていない限り。ダイヤルは、下位ダイヤルを取り入れるために再設計されました、そして最終的には完全に対称形である。カルティエの移動分スケールリングアウトがフランジリングを以前に裸の毛羽仕上げの金属仕上げで。この時計の外観と変化はより大きく見え、ダイヤルすることの効果があります。ダイヤルは現在より大きいことが、より個別のアワーマーカー、半分のローマ数字と半分のバトンマーカーの形を再び取るカリフォルニアダイヤル?のこのカルティエのバージョンです)。あなたはダイヤルの上に装飾の同じタイプがあります、しかし、すべて感じの接地に対称形のデザインを与えられます。 カルティエ 時計コピー の「拡張」と日付ウインドウを保持したが、それは6時に移動しました。すべてのすべてで、私はダイヤルの多くが好きです、しかし、1つのカルティエは、少しあまりに短される主の手に設計さを感じます。[/url]

  2. [url=http://www.eevance.com/News/02a44259755d38e6.html]これはsevenfridayシリーズで私の問題である。この音はセンセーショナルかもしれないとして、私はシリーズの古典であったと思っています。それはそれとして崇拝して非常に軽蔑されるかもしれません、しかし、それに耐えた。その価格の点で、そのように見えるのは、それがその生産実行上の数千と何千もの特徴のコレクションに設定されている。その影から踏み出すとき、単に、sevenfriday sevenfridayシリーズその先駆者に接続するために何かをしました。彼らが、何sevenfriday 01シリーズv 3で明らかなように、同一のパターンレイアウトを次のリリース計画、シェアードソースからインスピレーションをとって、各シリーズの各モデルを用いた ガガミラノスーパーコピー 。で、シリーズは、1、2、3の各々と、それぞれに触発された産業の本質によって、産業革命、産業用エンジン。これは、消費者は各々の以降のシリーズが好きになったのですdnaのいくつかの表現かもしれないが、多くのバリエーションが期待できる手段(または憎しみ)は、以前のリリース。それが意味するもののために人々と女の子は、sevenfridayプレスリリース文書で請求されたラインの下の宣伝の年を維持するのにかなり創造的になるだろうということです。[/url]

  3. [url=http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N41158.html]23分で分のマーカーを1958年ミュンヘン空気災害において彼らの命を失った人々の記念になって、8人のプレーヤーと15の他の魂を主張した。より幸せな時代は、ボールドでマークされ、赤7時アワーマーカー、多くのワールドクラスの数を七つ身がユナイテッドのシャツに対する敬意を払います。再度ナンバー7、9と10に加えて、赤でハイライトされる分のマーカーによって参照:これらの3つのジャージ番号・ユナイテッドの「聖三位一体に装着し、「最高の法とチャールトン。また、20分のマーカーは、クラブは、その歴史でも英語がほとんどによって勝ったチームのリーグ・タイトルの数を祝うために赤で取り出される。[/url]

  4. [url=http://www.newkakaku.com/cdq1.htm]でも、たとえオンラインショッピング比較流行の欧米諸国は、「ネットオークション時計」の態度も少なくない。カルティエ コピーイギリス1家のジュエリーチェーン店金史密斯、自身のウェブサイトで販売正宗トップ腕時計、この挙動を獲得した当時、オメガ豪雅は、ティソやロンジンなど数十社の時計会社の公式応援を含む、しかしロレックス、ブライトリングを含むいくつかの腕時計大グループ当時はネット販売態度は慎重に、理由はこの類技術の制品を販売していない場合スタッフの専門知識を紹介し、不適合なネット販売。[/url]

  5. [url=http://www.ooobag.com/watch/jacob/250a3b28b490109c.html]は、コンスタンチンchaykinコンプトゥスの復活祭の時計のケースを模倣するサンクトペテルブルク、ロシアの聖イサク大聖堂のように、全体的な形状は、ドーム、柱廊、鐘塔とすべてのこの記念碑の大聖堂にマッチする色を選んであった。トップの上のギョーシェとゴールドエナメルで飾られたドームは、キリスト教徒のための復活のシンボルと一致するように卵の形状に成形する。4つのミニチュアの鐘塔、24柱構造の側の上のモザイク装飾とすべての他の小さいデザイン要素を考えて、元の建物に合わせて作られている。[/url]

Look Me in the Eye
  • Look Me In the Eye: My Life with Asperger’s
  • by John Elder Robison
  • Rated: High
  • Genre: Nonfiction
  • Reviewer: